結婚式上映用DVDをプロデュースする

2018-06-03
結婚式DVD編集作業

 

ジューンブライドですね。
宣伝広告プロデューサーの小山です。

結婚式シーズンになりました。
ハナシネマでは、年間100件程度は結婚式関連の映像を作成しています。5月から結婚式の撮影をはじめ、エンドロールや生い立ちプロフィールDVDなどのオーダーが非常に多くなりはじめました。

私は主に、オーダーメイドで生い立ちプロフィールDVDの制作を新郎新婦向けにプロデュースさせていただいています。

例えば、今作成しているのはこんな感じです。
残念ながら映像をお見せ出来ませんので編集画面で。

結婚式DVD編集画面

今回いただいたオーダーは、両親へのサプライズで、若かりし両親の写真や結婚式の写真を使いたいです。

スライドには音楽が流れているので、組み込むだけなら非常に簡単に何となくそれなりに見えますが、ただ長尺になってしまうだけで決していい作品にはなりません。

普通の結婚式場業者なら普通に組み込んでしまうことでも、私は、おふたりだけのストーリーを生い立ちプロフィールDVDの中で描くことを得意としています。「普通のプロフィールDVDでなくて喜んで貰えるものを」「一生大切にできるものを」と、新郎新婦は、わざわざ業者を探しまくって行き着いたり、人伝に聞いて相談をくださったりして私にオーダーをしてくれます。

さて、今回の案件。

大切な結婚式にご両親の過去もさらけ出す訳ですから、恥ずかしいだけの無礼講になってしまったら困ります。何たって、ご両親にとっても大切な大切な結婚式である訳ですからね。
ご出席されたゲストも楽しんで見ていただきたいですし、ご両親のラブストーリーがあったからこそ、新郎新婦が出会えたというストーリーに仕上げたい訳です。

そして、何よりも上映後には新郎新婦やそのご両親に感動して貰いたいと思いますし、上映後に結婚式に出席している全員の絆や愛情がもっと深くなると思うとワクワクします。

 

 ― どうしたらふたりのストーリーが輝くか ―

 

こんなオーダーでは、実際にお会いしてよくヒアリングをさせていただいてます。
難しいオーダーであればある程時間をかけて構成を考えます。
そして、ご支給いただいた写真を眺めながら、新郎新婦の過去を想像しつつ、最終的にはいつも『神、光臨待ち』になります。
マジな話し『神、降臨』すると、確実にいい作品が仕上がります。

今回も『神、光臨』がありました。

それは、TIME(時)とDISTNY(運命)というキーワードと新郎新婦の写真でした。このテーマで写真を繫ぎつつ、ふたりが出会ったのは必然だった。と、思えるストーリーをご両親の出会いから遡って描きました。実際に、そうだったんじゃないかなぁと私は編集を終えた今でも思っています。非常に素敵なストーリーがプロフィールDVDに命を吹き込んでくれました。

完成した映像を視聴した新郎新婦からは「ヘビロテで何度も何度も見ました!とても感動しました」「私たちも改めて刺激されました」「小山さんに依頼して本当に良かった」という声までいただきました。今月結婚式を上げられるということなので、上映後お父様やお母様にも感動して貰えるといいですね!

私は、結婚式で上映する映像はプライベートムービー(映画)だと思っています。
オーダーされる新郎新婦も同じく、何らかの想いを持ってオーダーされています。

 

 — テンプレートには、収まりきらない「ふたりだけのストーリー」が必ずある —

 

そう思うと、結婚式で上映する生い立ちプロフィールDVDをフルオーダーメイドで作成してあげたいと思えるのです。結婚式後もずっと、何十年先も大事にしていただける一生の記念品になるように。

どーもどーも。

 
“見せるから伝わる”映画のような映像制作はHanaCinemaへ
婚礼DVDの制作事例はこちらから
http://hanacinema.com/weddingmovie/

Written by 小山恒二

ロゴ


友だち追加

ADD:〒992-0021 山形県米沢市花沢219-1 2F|TEL:0238-22-4000|FAX:050-3737-0442
Copyright ハナシネマ-HanaCinema株式会社|映像・ビデオ・動画・DVD・ホームページコンテンツ制作 All Rights Reserved.